« エースコンバット・ゼロ THE BELKAN WAR 攻略日記 #4 | トップページ | エースコンバット・ゼロ THE BELKAN WAR 攻略関連記事の一覧 »

エースコンバット・ゼロ THE BELKAN WAR 攻略日記 #5

MISSION 5 蒼天に舞う希望

あ、またクサいタイトル。

ベルカの占領下にあるウスティオ首都近郊の町を解放するため、空挺部隊の降下作戦が展開されるとのこと。
アタシたちのお仕事は、その空挺部隊の援護。
ウスティオ解放への足がかりとなる重要な作戦だそうです。

ファルクラムは買えなかったけど、いいや。
敵の戦力配置を見ると、地上物ばかりだから・・・と、F/A-18Cで出ることにして、相棒にはUGBLをチョイス。

・・・そうしたら、途中で戦闘機がブンブン出て来おってからに。

戦績を分析してみると、相棒は、どうやら対地戦はお好きでないと見た。
今回のように途中で援軍が飛来する場合も考慮し、今後は相棒の兵装は対空向きの物のみを積んでいただいた方が良さそうだな。

まぁ、このミッションにはエース級のパイロットは飛んでいなかったようで、こんな兵装でも無事に殲滅できました。

ところで、ネームド機が飛んでいたような気がしたんですけど?
1周めでネームド機???
アタシが1発当てた後、ピクシーが撃ち落としてしまったのか、一瞬にして姿が見えなくなってしまって確認できませんでした。
 
 
そして、着陸。
「いい腕だ」だった・・・
イロイロ文句言われてたからかな。
 
 
DATA
ランク: A
TIME: 9:12 / POINT:15,510
STYLE:  MERCENARY

勲章「GURDIAN」をいただきました。
空挺部隊の援護をみごとにやり遂げたからだそうです。

・・・空挺部隊の存在なぞ、すっかり忘れておりました。

そして、ショップにはA-10AとMIR-2000Dが追加。

出た、A-10A!

ワタクシ、A-10と聞くと、思わず笑ってしまいます。

A-10で8492部隊に追いかけ回されるという、

エースコンバット5においての非常に辛い経験が心に深い傷となって残っているようです。

そのため、「A-10Aと聞くと笑い出す」という屈折した反応を示すようになってしまったと思われます。

ワタクシの辛い経験につきましては、当時のフライト日誌にて報告させていただいておりますので、興味のある方はお読みになって下さい。
当該フライト日誌は、こちらになります。
 
 
 
 
次のフライト日誌に進む
 
「エースコンバット ゼロ THE BELKAN WAR」攻略関連記事の一覧
 

« エースコンバット・ゼロ THE BELKAN WAR 攻略日記 #4 | トップページ | エースコンバット・ゼロ THE BELKAN WAR 攻略関連記事の一覧 »

エースコンバット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる