« 時効警察 最終回 | トップページ | 「博士の愛した数式」 小川洋子 著 »

幻想水滸伝 経過報告#2

やっとドラゴンゾンビに勝てました。
ずっと、このゲームばっかりやっていたワケじゃないんですけど、長かったぁ〜〜〜。
このバトル自体も時間掛かったし・・・

けっきょく、ぼっちゃんのレベルは16のままで、装備品を整えたり、「おくすり」を大量に仕入れて、その持たせ方もあれこれ調整して、どうにか撃破。
最終的には、ぼっちゃんとビクトールの2人で戦っていましたが。
いいです、気にしないことにします。

ようやく本拠地の城を手に入れて、戦力にはなりそうもない仲間ばっかりを勧誘しました。
お城で休めるようになったり、倉庫が出来たりしたから、ま、いっか。
 
 
今、ドワーフの村で金庫破りしてきたところです。
ここのボスは大丈夫でした。

次はエルフの村に戻ればいいのかな?
どこに行って何をすればいいのか、すぐ分からなくなっちゃって。
ちょっと寄り道しているうちに忘れてしまうこともあるし、会話をチャッチャとすっ飛ばしてしまって見逃すこともあるし。
その後、確認できないから大変困ります。
昔のゲームって不親切?
というより、最近のゲームが至れり尽くせり過ぎるのかな。
 
 
たぶん、ここまでが序章で、ここから本格的にスタートってとこですよね。
ここまでは誰がいつ抜けるか分からなくて、装備品を渡すのもおっかなびっくりだったんですよねぇ。
本拠地に来たキャラは、もう大丈夫よね。

一時は「途中放棄か?!」と危ぶまれたけど、どうやら無事に峠を越えられたようです。
先の展開が楽しみになって来ました。

« 時効警察 最終回 | トップページ | 「博士の愛した数式」 小川洋子 著 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる