« どろろ 攻略日記 (1) | トップページ | 惚れた・・・ »

どろろ 攻略日記 (2)

第1章 万代

河原で寝ていると妖怪がやって来て、百鬼丸に何か告げて去っていきました。
どろろは「盗人」だとか言ってますが、あれはどう見ても物の怪だろーが。
 
 
まずは、川上の村を目指す。
敵を蹴散らしながら進んで行って、万代の村へ。
そのまま、いわくありげなキレイなおばさんの所に連れて行かれる。
そして、井戸部屋へと御案内。

妖怪タタリ。
しっぽ振り払い攻撃には要注意。
敵がバタバタ走り回っている時に、飛び道具使ったりしてみる。
しかし、百鬼奥義がやっぱり的外れだぁ・・・
使い勝手が悪いな、これ。
どろろがけっこう頑張って削ってくれて、大助かりです。
頑張れ、どろろ。
至近距離で忍びダライをぶっ放してトドメ。

しかし、逃げる妖怪。
追いかける、どろろ。
 
 
どろろにチェンジ。
道なりに進んでいくだけ。
各種仕掛は失敗しても死にやしないので、何度か試してタイミングを掴めばよろし。
どろろ、けっこう攻撃力あるなぁ。
どろろパーンチ!などと言いながら、さっさと敵を倒しました。
エレベーターに乗って上へ。
着いた所は、万代の部屋。
ウロチョロしていたら、村人に捕まっちまいました。
 
 
百鬼丸にチェンジ。
壁を壊して井戸部屋から脱出。
屋敷の周りで壷を壊して、退毒の刀を入手。
村を抜けて竹やぶを目指す。
マップの黄色いマークや白い光が、次に進む場所の目印みたいですね。
迷子にならなくて済むので助かります。

竹やぶでは、敵を倒しながらひたすら金小僧について行く。
敵は、無理して全滅させなくても良いみたいです。
竹やぶの中で「光るもの」を見つけると、イベント発生。

今度は、どろろ救出に向かう。
カウントダウンしているので、急いで処刑場へ。
ここも、全滅させる必要は無し。
でも、寿海の薬(緑の玉)はせっせと拾っておく。
これを百個集めておくと、戦闘中にHPがゼロになってしまっても、一度だけ復活できるんだそうな。

処刑場に入ると、またイベント。

村人を連れて、さっきの「光るもの」のあった場所へ戻る。
第3魔人 羅丈門 Lv.4
この魔人は、時に苦戦しませんでした。
サクッと倒して、食道を奪還。

イベント後、どろろが万代屋敷の探索に向かう。

目の前の穴から井戸部屋へ。
さっきと同じ道を通って、万代の部屋に進む。
まずは、白い星が光っている部屋へ行って、「銀の鍵」をゲット。

鍵を持って、一階へ。
銀の鍵の部屋に入り、隠し金を発見。
さらに、金の入っていた箱から「煙玉」を入手しておく。

二階に戻り、さっきは「みつかっちゃうぞ」とか言われて入れなかった部屋へ。
「煙玉」を投げて、中にいる人を眠らせて侵入成功。
眠るどころか・・・消えてますが?
ここで、「金の鍵」を入手。

また、一階へ。
金の鍵の部屋で、「破魔矢」を入手。

二階の万代の部屋に戻り、寝台を調べて、百鬼丸にチェンジ。
 
 
妖怪タタリを追って、太古の竹やぶへ。
指示に従い進んでいくと・・・魔神戦。

妖怪タタリ(Lv.5)
タタリの右側(百鬼丸から見ると左手)に回り込んで側面から攻撃すると、尻尾振り払い攻撃を受けずに済みます。
あれ、けっこう痛いんで。
戦い方は、井戸の時と同じでオッケー。

そして、また逃げられる。
竹やぶを出た所で、どろろと合流。

次の目的地は屋敷ですが、竹やぶにまだ行ってない場所が残ってるみたいので、ちょっと寄り道。
Uターンして古代の竹やぶに戻り、左の方に行ってみる。
少々強い河童が出たりしてビビりましたが、百鬼火炎撃の巻物を入手。
雑魚は適当に無視して、竹やぶから脱出。
 
 
万代の屋敷に入り、各部屋を探索。
退雷の刀を入手。
万代の部屋に行くとイベント発生。
ついに、正体を現した万代。
自動的に外に出されて、魔神戦・・・
セ、セーブさせてくれよぉ・・・

第6魔神 夜叉(Lv.6)
雷攻撃をして来るので、退雷の刀を装備しておくとよいかも。
ヒラヒラと飛んでいる時は攻撃を当てづらいので、無視。
レーザー光線のようなものを使い出したら、夜叉の真下に逃げ込むと当たりません。
櫓の上に登ってしまったら、これも無視。
飛び道具も届かないから。
雑魚がさかんにミサイル落としてくれるんですけどねぇ・・・

どうにか倒して、左足を奪還。高速ダッシュが出来るようになりました。

これにて、第1章終了。
 
 
 次の章へ
 
 どろろ 攻略日記の目次に戻る
 
 

« どろろ 攻略日記 (1) | トップページ | 惚れた・・・ »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる