« どろろ 攻略日記 (8) | トップページ | キングダムハーツFM 攻略日記 その27 »

どろろ 攻略日記 (9)

第6章 地獄堂

妖気漂いまくり・・・ってことで、調査開始。

左腕奪還後は、メニュー画面で選んだ太刀を常に左手に持つようになるのですね。
 
 
しばらく進んで行くと、また美咲。
美咲ちゃん、いきなり、レベル28っ!
でも、どうってことなく撃退。

戦闘終了後、三郎太が現れ、美咲の身に何が起こったかを教えてくれる。
ふぅん、おバカさんだねぇ、美咲ちゃん。魔の力に手を染めてしまうとは。だいたい、アンタのは逆恨みだしな。

三郎太に地獄堂へ来るように言われたので、素直に従う。
 
 
妖魔の森は・・・迷路になっています。
正しく進まないと、ワケ分からなくなります。
完全に迷子になりました。
やみくもに走り回っていたら、いつの間にかセーブポイントに到着してました。
セーブポイントから北へ向かって伸びる山道を進むと、そこが地獄堂。
 
 
地獄堂に入るとイベント発生。
分断されてしまいました。
アニキのピンチだっ!すぐに助けに行くぜっ!

どろろにチェンジ。
地獄堂の左手から回り込んで裏に移動。
途中の崩れかかっていた塀はパンチで壊せる。
雑魚は無視。
飛び石を飛んでお堂の東側へ。
釣り鐘に飛び乗り、木の枝に飛び移る。
そこから屋根に登って、反時計回りに進んで行くと、上に登れる足場がある。
雑魚は全て無視。
回廊を回ってお堂の背面にある板戸をパンチで破壊して中へ。

多宝丸が景光を押し止めてくれたおかげで、百鬼丸は命拾い。
すると、そこへ三郎太が現れ、魔神をけしかけて来る。
第33魔神 ミドロ号 (Lv.30)
動きが速くて、突進攻撃を避けづらいです。
こちらの攻撃が当りさえすれば、けっこうゴッソリ削れるんですけど。
何度も吹っ飛ばされて、1回、寿海の薬のお世話になりました。
どうにか、撃退。
右目を奪還。

戦闘終了後、三郎太が魔神の作った子であることを告げる。
ってことは、三郎太を倒せば百鬼丸の身体が全部元通りになるのか?

そして、三郎太の置き土産。
全滅バトル、100体。
しょせんは、雑魚。
いつぞやと同じ戦法でさっさと片付ける。
今回もアイテム落としてくれるし、オニギリもあちこちに散らばってるし、楽勝でした。
 
 
戦闘終了後、街の入り口で落ち合うことにして、多宝丸と別れる。
兄上だって。ちょっと嬉しい。
 
 
妖魔の森へ・・・
迷子になって、しばらくジタバタ走り回っていたら、百鬼丸が妖気をキャッチ。
どろろを「探索」にしてみると、巨顔の像の前で「怪しい」とおっしゃる。
巨顔の像を破壊すると、魔神が出現。
第41魔神 編み笠無僧 (Lv.45)
やたらとワープをするため、捉まえにくいです。
よって、飛び道具はあまり役に立たず。
舌を前方にのばして来る攻撃と、火炎放射して来る時が攻撃のチャンス。
背後もしくは側面に回り込んで連続攻撃を叩き込む。
たまに周囲に炎をまき散らしたりするので、要注意。あまり、側に留まらないように。
なるべく攻撃を受けないように気を付けつつ、地道に削るしかないかも。
アシュナを奪還。

そして、妖魔の森で大迷子大会。
さんざん走り回って、消耗しまくって、もう泣きそうになったところで、なんとなく脱出。
正解ルート、ぜんぜん分かりません。
後日、もう一度行って確かめておこう。
 
 
妖魔の森を出た所で、もちろんセーブ。
街に入るなり、魔神戦。
第24魔神 まねき鬼 (Lv.33)
第4章の隠れ魔神、黒龍橋にいた爆裂童子のそっくりさん。
攻撃パターンも一緒。
なので、こちらの戦い方も一緒。(戦い方はこちら。大したこと書いてないけど)
雑魚を召喚して来るけれど、全部無視しても大丈夫。
どろろがキックでトドメを刺してしまって、なんだか情けない幕切れだったけど勝ちは勝ち。
大胸筋を奪還。

街を抜けて出口へと向かう途中で、縫いの刀・烈百鬼妖破弾を入手。
出口のちょい手前、マップで言うと左手の、大きな滑車が2個並んでいる所です。
上に飛び乗ると、後ろに回り込めるようになっていて、そこにある灯籠を壊すと出てきます。

出口まで行くとイベント。
三郎太の使いのカラスが言うには、多宝丸は捕らえられ景光のもとに連れ去られたとのこと。
可愛い弟を助けに行かなきゃ。兄ちゃんだもの。
しかし、拉致したのは親なんだよねー。
拉致って言うのか、それ?
 
 
第6章の魔神は、全滅してました。
 
 
次に行く前に、第5章の魔神を片付けておきますか。
最初のマップ。
ポツポツと現れる地獄車を片付けて行くと出現。
第30魔神 巨大蒼炎車 (Lv.29 )
かなり厳しかったです。
素早さは大したことは無いけれど、とにかくよく動く。
おかげで、狙いを定めている時間が無くって、飛び道具はほとんど使えず。
かといって迂闊に近付くと、それだけで炎に焼かれるし。
敵が動きを止めた一瞬に、側面に回り込んで2〜3回斬りつけるので精一杯。
後は、ひたすら逃げ回ってました。
かなりの長期戦。
とにかくダメージを受けないように気を付けながら、少しずつ削っていって、どうにか倒しました。
骨髄を奪還。

四化寺の地下。
のっぺらぼう達が祈っていた広間に行くと、新たな足場が出てきます。
そこから上に登って真ん中の壁の印を斬ると下の扉が開き、その奥に進むと出現。
第34魔神 魔頭 (Lv.31)
あら、まぁ、どこかで見たような・・・
だんだん、魔神が使い回しばっかりになって来たよ。
基本的には、第1章の隠し魔神・つちくれと同じ。
氷の固まりを放って凍らせる攻撃が加わっているので、そこだけ注意。
特に、何も工夫せずとも勝てました。
大腸を奪還。

雪道のどこかで、紅蓮刀・烈を拾っていました。
たぶん、凍った池のあたりの石像だと思うが定かではないため、アテにしないように。

山頂まで進むと、魔神の気配。
明らかに怪しい、1つだけ浮いた石があったのですが、どうすれば魔神が出るのか分からず。
ひとまず、保留ということで先に進みます。
 
 
 
 次の章へ
 
 どろろ 攻略日記の目次に戻る
 
 

« どろろ 攻略日記 (8) | トップページ | キングダムハーツFM 攻略日記 その27 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる