« 「続巷説百物語」  京極夏彦 著 | トップページ | 「姑獲鳥の夏」 京極夏彦 著 »

シャドウハーツ プレイ日記(1)

大陸特急 〜 大連に到着したところ

それにしても、こんなにオドロオドロしい内容だったとは。
まぁ、タイトルに「シャドウ」ってついてて、「暴力、出血、ホラー云々」ってパッケージに書いてある時点で、予想がつきそうなモンですが。
もうちょっと、ファンタジーなのを想像してたんですよね。
だから、朝陽村で人食いがどうのこうの言い出した時には、バルダーズゲートの二の舞になるかと思いましたよ。(バルダーズも、指輪物語的ファンタジーかと思って買っちゃったんですよねー)
まぁ、この程度ならぜんぜん平気な私ですので、なんの問題も無いですが。
主人公のアホキャラが際立ってますしー。
いえ、いえ、バカにしてんじゃないですよ。
こういうノリのキャラクターは大好きです。

そのあたりは問題無いんですが・・・
問題なのが、アリスちゃん。
この人、ボス戦のたびに暴走するか、気絶してるかのどちらかでして。
RPGのヒロインって、どうして、こういうタイプばっかりなんでしょ?
(イベント的にも気絶しすぎ。キャーキャー言いすぎ)
男性プレイヤーの趣味嗜好がそっち方面に偏ってんのかしらッ?

モンスターが妙に汚いのも、ちょっと気になってます。
禍々しい雰囲気出そうとしてるのかもしれないけど、汚すぎ。
ウルも変身すると汚くってさー。あんまり、変身させたくないのよねー。
グレードアップすると、もうちょっと格好良くなるのかな?
なったらいいんですけどー。(あんまり期待しないでおこう)

名前は、全員デフォルトのままでやってます。
が、さすらいの梅元が出て来た時に「コイツだけはぜったい假屋崎にしよう!」と思ったのに、この人は変更できませんでしたねー。残念。(でも、心の中では假屋崎と呼んでます)

買い物するのにも、キーアイテム拾うのにも、いちいち出てくるジャッジメントリング・・・ぼーっとしてる暇を与えてくれません。
何するのにも、いちいち構えちゃいますね。
だから、出ないと拍子抜けしちゃったりして。

グレイヴヤードには、マメに通ってます。
小心者ゆえ、マリスが溜まって真っ赤っかになるのが怖くってねぇ。
よって、まだ、キツネ面は出て来てません。
どんな感じで出て来るのか気にはなるので、そのうち、わざと満タンにして出て来てもらおうと思ってます。
もちろん、準備万端整えて、ね。

朝陽村をクリア後に「烈風鬼」を、地下水道クリア後に「龍人」をゲットしておきました。
このへんは、順調。
次のエリアに行くと、出現するモンスターの属性が変わってしまうようなので、あと少しで満タンになりそうなら、しばらく無駄に戦ってフュージョンモンスターをゲットしてから次に移った方が効率いいかもです。

大連到着時点でのランクは「57位 仙狸級」。
歩行距離は・・・横浜あたり。
ジャッジメントリングの成功率は85%くらい。
パーフェクトは5%足らず・・・(しかも、ぜんぶアイテム使った時なのだっ!)

先は長いぞ・・・頑張るぞ。

 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

« 「続巷説百物語」  京極夏彦 著 | トップページ | 「姑獲鳥の夏」 京極夏彦 著 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる