« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

シークレットウィンドウ

ジョニー・デップ、出ずっぱり。
最初から最後まで、デップ様大盤振る舞いの映画だったなぁ。


妻(不倫発覚)とは別居中で、ダラダラと暮らしているスランプ気味の作家のもとに、「俺の小説を盗んだだろう?」と、見知らぬ男が訪ねてくる。
当然、身に覚えはない。
まるで相手にしないつもりの彼だったが、男は執拗に彼に付きまとい、嫌がらせは次第にエスカレートしていく。
ついには殺人事件まで・・・

原作は、スティーブン・キング。
この人のホラー作品は、たいてい映像化すると面白くない。
その理由は、化け物やら超常現象やらを映像化すると、とたんに陳腐になってしまうせいじゃないかと思っている。
頭ん中で勝手に想像してる化け物の方が、バーンと見せつけられた物より、よっぽど怖いんだわ。
私の頭の中のそれを二次元化してみろって言われたら、無理だけど。

で、この「シークレットウィンドウ」は、そういう化け物の類いが出そうも無いので、ちょっと期待していた。
なにより、デップ様、ご出演だし。
ゾクゾクくるようなスリルとサスペンスを、期待してたのさ。
でも、あんまりゾクゾク感は無かったなー。
結末も、あっと驚くようなものではなかったし。
ふ〜ん・・・で、終わってしまった。

つまらなくはないけど、とりたてて面白くもない。
そんな映画だった。
ただ、ジョニー・デップを堪能するには、良い映画だな。

デップは小奇麗な役より、どっちかというと薄汚かったり、エキセントリックだったりする役をやってる時の方が、やっぱりイイなぁ。

となると・・・チョコレート工場に、否応無しに期待は高まるわけで。
原作はロアルド・ダールのファンタジー。
・・・なんか、読んだことあったような気もするんだけど・・・よく覚えていない。
少なくとも、この映画のことを聞いて、すぐに「あれ???原作って誰だっけ?」って思ったから、タイトルに聞き覚えがあったことだけは確かなんだけど。他の何かとゴッチャにしている可能性もある。

久々の白塗りデップ様だねぇ。
監督はティム・バートンだし。
くぅ〜、見たいぜっ!
 
   
 
 その他の映画の感想はこちらからどうぞ
 

シャドウハーツ 2周め(欧州編 その3)

欧州編 その3

ネメトン修道院跡地

宇宙人の家(もしくは本物のロジャーの家)に光の碑石が落ちてます。

修道院跡地の左手(墓が見える所)の右の方を調べると、貴族のマント
キース専用。
ガラの悪い人は、着られません。
 
 
ネメトン修道院・地下

封印された宝箱は、赤・青・緑のスイッチを操作して、燭台の炎の色を調整することで開けられるようになります。
 青のみで青の封印が
 赤+青で紫
 赤+緑で黄色
 全部で白の封印が、それぞれ解けます。

全ての宝箱を開けてから、「破壊の魂がどうのこうの・・・」と解説が出る赤い井戸みたいなものがある場所に行くと、破壊の秘石が手に入ります。
これを持っていないと隠しフュージョンモンスターが手に入らなくなります。(たぶん、けっこう痛い・・・と思う)

破壊の秘石を所持した状態で、ここのボス、アルバート(=アモン)を倒すと、フュージョンモンスター・アモンを入手できます。
 
 
*四仮面の呪い
エンディングを左右する重要イベント。

アリスをパーティに入れた状態で、マリスが溜まってタリスマンが赤くなると、四仮面のうちいずれかがアリスの魂を狙ってやって来ます。
アリスを助けたかったら、返り討ちにしなければなりません。
それには、「契りのさかずき」を所持していることが必須条件です。
(契りのさかずきの入手方法はこちらの記事をどうぞ)


まずは、マリスを溜めてウロウロ・・・
(もちろん、パーティにはアリスを入れておくこと)
杯の仮面が出るのを待ちます。

他の仮面が出たら、逃げた方が無難。回避不可のリング異常にされてしまうので、たぶん勝つのは至難の業かと。

「契りのさかずき」を持っていると杯の仮面の能力が弱体化し、こっちの能力がアップするので、マトモに戦えるようになります。
(ウルがLv.39でしたが、楽勝でした)

その後は、金貨→杖→剣の順で倒していくだけ。
杯の仮面を倒すと金貨が弱体化。金貨を倒すと杖が・・・という仕組み。

弱体化してないのが出てしまったら、逃げる・・・
(逃走回数を上げたくなければ、こまめにセーブを)

一度倒したのがまた出たりもしますが、雑魚に成り下がっているので、余裕で蹴散らせます。
(雑魚化した四仮面もライブラリに登録されます。コンプリート狙うなら、逢っておく必要有り)

四仮面は、ネアメートに突入する前までに倒しておく必要があります。
別に、場所はどこでも構わないのですが、私はネメトン修道院攻略中に実行しました。
入り口の所に居るロジャーが何度でも回復してくれるし、すぐ側にセーブポイントもあるから安心。
 
 
修道院クリア後、アモンと戦った部屋へ行くと・・・
真ん中に「ルルイエ異本」が落ちてます。
ウルの最強装備入手に必要なアイテムです。
 
 
ロンドンに戻りクーデルカと話すと、大量のサブイベントのフラグが立ちます。
詳細は次稿にて。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

気休めだけどさ。

「震災時帰宅支援マップ」(昭文社)が、売れているらしい。

私も早々と購入した。
ダンナさんに持たせるためである。

何を隠そう、うちのダンナさんは地方出身者。
よって、都心の土地勘がほとんど無い。
都心で働くようになって久しいくせに、ホント、疎いんだわ。
公共の交通機関を使っているからちゃんと目的地にたどり着けているんであって、自力でナントカせい!ってことになったら・・・
自宅を目指しているつもりが、逆方向に進んでいる可能性も無きにしもあらずな感じ。
非常に、頼りないんである。
 
 
都心が大地震に見舞われた際、大量の帰宅困難者が発生する。

交通機関の復旧はいつになるか分からない。
・・・もはや、徒歩で帰るしかない。
これは、そんな状況に陥った人たちのためにお役に立ちましょう!っていう、特別な地図なんである。

都心から自宅方面への取るべきルートはもとより、休憩できそうな場所や「放置自転車多し!」なんて情報まで書き込まれている。
この地図があれば、なんとか家に辿り着いてくれそうな気がする。うちのダンナさんでも。
 
 
とはいえ、大混乱をきたしている中、徒歩で帰宅するのは相当危険だと思う。
どこか安全な場所を見つけて、状況が落ち着くまでじっとしていてくれた方がよっぽど安心な気もする。
でも、都心が大打撃なら、私だって悲惨な状況の中に1人ぽつねんと取り残されているかもしれないのだ。
そりゃ、もう、心細くって、一刻も早く帰って来て欲しいと思うだろう。
複雑である。
 
 
私にこれを押し付けられて以来、ダンナさんは毎日カバンに入れて通勤している。
仕事で外出する際も、ちゃんと持ち歩いているらしい。
良い心がけである。

まぁ、ほとんど気休めみたいなものなんだけど。
情報は少しでも多い方が良いだろう・・・って程度かな。

こんな地図が必要な事態にならないことを祈りつつ・・・うーん、私は非常用持ち出し袋のチェックでもしておくか。
備えあれば憂い無し・・・とも言うことだし。
 

シャドウハーツ 2周め(欧州編 その2)

欧州編 その2 〜ロンドン

ブルウィッツ六番街
入ってすぐの所で立ち話をしている男から、「太陽のカード」を購入できます。
そのすぐ奥に居る、座り込んでいる酔っぱらいが福引会員。
泥酔のオロ(会員NO.5)
1等景品は司祭のピアス
ヒットエリアがえらく狭いので、懐中時計を装備した方が良いです。

この街にも、やたらとお宝が落ちてますねぇ。

孤児院に行けるようになってから、ルアンの宿屋へ行くと・・・
2階に上がろうとすると、言い争う声が聞こえてくる。
ウルの泊まっていた部屋に行くと、カップルが喧嘩の真っ最中。
双方の言い分を聞いた後、教会の懺悔室に行く。
男の方が相談に来るので、2番目の答えを選択。
その後、再び宿屋の部屋へ。
男の方に話し掛けると「水の碑石」をくれます。
正体、バレバレですけどね。
 
 
孤児院
クリア後に再び訪れ、ボスと戦った部屋のついたての向こう側を調べると、ドレイズ(マルガリータの武器)が入手できます。

孤児院クリア後、パーティにハリーを入れた状態でアジトに居るヨシアに話し掛けると、「スリングショットをくれ!」と言ってきます。ここでケチらずに渡しておくと、後で数倍強い武器になって戻ってきます。
 
 
カリオス精神病院
警備員室(最初に戦ったマップの左側の小部屋)に月桂樹のパチンコ

攻略は・・・鍵やコインを拾いながら各部屋を回るだけ。

ただ・・・ゴキブリが出ますっ!

即死化攻撃使ってきます。
ランクを落としたくなかったら、レオナルドベアを装備しておいた方が良いかもですよ。(そんなに出現率は高くないですが)
アリスとハリーがパタパタと倒れてました。
なのに、ウルだけ、へっちゃら。
さすが、ゴキブリ並み・・・!?
あ、ロザリオ装備してたからか。ゴメン。

スペードの鍵を使って入った部屋で「地下牢の鍵」を入手できますが、この宝箱をもう一度調べると「火の碑石」が出てきます。
 
 
カリオス精神病院クリア後、
アジト1階に居るヨシアに話し掛ける
契りのさかずきをくれます。
エンディングを左右する重要アイテムです。

アジト1階に新たな部屋ができていて、後にピットファイトができるようになります。
・・・が、この時点でシャロンに話し掛けると、あれよあれよという間に戦闘に突入。
とんでもないモンスター出されて、ウルは死にかけました。
ったく、なんてガキだっ!

アリスがルアンから戻った後、ハリーがパーティに居る状態でヨシアに話し掛けると、改造パチンコをくれます。(スリングショットを渡していた場合のみ)
 
 
カリオス精神病院をクリア後に再び訪れると

拷問用の椅子に座っている薄気味悪い男が・・・
福引会員N0.4 臆病なチョビンです。
1等景品は永遠のカード

地下牢に落ちている布を調べると、呪殺剣ジルが入手できます。
キースの武器です。
即死効果がついてますが、きわめて使い勝手が悪い・・・(改造しなけりゃ、使い物にならんわ)
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ 2周め (欧州編 その1)

欧州編 その1
 プラハ〜ビストリッツ〜蒼き城

プラハ
街の真ん中で居眠りこいているのが福引会員。
衛兵のトーマス(会員No.08)
赤のお宝は修羅の耳輪
 
 
ビストリッツ&蒼き城
道具屋に入れるようになったら、すかさず家捜し。
またしても見えないところに隠された宝箱に「月のカード」

蒼き城へと続く森の道。左の方を調べると干支の腕輪が落ちてます。
城の手前の梅元がウロついてる広場にも、ほとんど見えてない宝箱が2個。
城の中にも見えてない宝箱・・・もう、書くのもイヤ。

アイテムを取り逃したくないなら、とにかく行けそうな所は全部行って、片っ端から○ボタン押しまくるしか無いです。
 
 
キースを連れて村に戻り、無事に村長を退治すると・・・福引会員、現る。
猟師のワーダ(会員No.7)
2軒並んだ民家のうち、向かって右側の家の住人。
お宝は陰陽師の耳輪
 
 
蒼き城・西塔
入ってすぐの所に、またしても見えない宝箱。
途中の各部屋にも、アイテムが落ちてます。

無事にウルを復帰させたら、すかさずUターン。
ウルが閉じこもっていた部屋に「闇の碑石」が落ちてます。
闇属性のレベル3フュージョンモンスターを手に入れるのに必要ですので、しっかり拾っとくように。
 
 
再びプラハ
酒場の女子トイレでオルガを撃退した後、ウルを操作できるようになったら男子トイレへ。
福引券が落ちてます。
 
 
ルアンに行けるようになったら・・・

ビストリッツのニーナの家の前に、光る物体が出現します。ニーナに話し掛けて「変わった種を蒔いた」という情報を入手。
光るものを調べて「そっと見守る」を選び、水をあげる。
いったん村を出て、また調べて、水をあげる・・・
これを4回繰り返すと、ニーナから「地の碑石」をもらえます。

一気に出入りを繰り返しても、間をあけて通っても、どちらでも問題なく貰えます。
まちがってもプチっとしちゃダメですよぅ。
 
 
ルアン
教会脇の路地にある樽を調べると「大徳利」が出てきます。

オルガを撃破すると、教会脇の路地に福引会員が出現。
わし鼻のロビン(会員NO.6)
お宝は倍速カウンター。
 
 
ロンドンに行けるようになったら・・・

福引のスカ景品「ティッシュ」を持って、ルアンの酒場へ。
マスターに話し掛け「ダーシュがトイレに入ったきり出て来ない」という話しを聞く。
男子トイレに行き、「?」の扉を調べると、中には困ったことになっている人が・・・
ティッシュをあげましょう。
(ウルってば、ドア、思いっきり開けてるし・・・)

そのまま酒場から出ようとすると、中の人が追いかけて来て「風の碑石」をくれます。
人助けは、するもんだねぇ。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ 2周め(亜細亜編 その4)

亜細亜編 その4

傀骸塔

絵馬を使った仕掛けは
 玄武は亀
 朱雀が鳥
 青龍と白虎は・・・分かるよね。
これさえ知っていれば、大丈夫でしょう。
絵馬をセットする手順を多少間違っても、たいして広いダンジョンではないから、行ったり来たりもそんなに苦にならない。

ここで取り逃すと、後で痛いのが「押し入れのエロ本」・・・(徳壊の私物なのかっ???)
朱雀の絵馬を取った部屋の祭壇の左の方に、おもむろに落ちてます。ブツは見えませんが「?」が出ます。

ワイルドアームズのスケベ本と違って、襲いかかって来たりはしませんから安心して拾えます。

全ての絵馬を正しい位置にセットしたら、次はタヌキと徳壊。
この連戦が終わると日本軍が乗り込んで来て、傀骸塔から出られなくなります。戻るなら、その前に。

徳壊の後を追わずに、いったん下のフロアに戻ると・・・
突入して来た日本兵の中に福引会員が。
松浦上等兵(会員No.09)赤のお宝は魔術師のピアス
赤のエリアが狭ーいです。

その隣に立っている兵士からは「鏡の腕輪」を購入できます。
この後のボス戦に備え、人数分買っておくと吉。
十二星座の腕輪を買ってあれば、もう必要ないけど。
ちなみに、沈黙も防いでおくとなお良し。少なくともじっちゃんとアリスはね。

閻羅王・凌徳さんは・・・
1周めはそれなりに大変だった記憶があるのですが、2周めは妙に楽でした。
ウルのレベルが1周めの時より高いせい?
レベル2以上のフュージョンモンスターは、使わなかったんですけど。
ウルは冥刹皇で挑みましたが・・・じっちゃんの亡者地走腕の方がダメージ稼げマシタ。

亜細亜編、とどこおりなく終了。
 
 
*備考:キツネ面にケンカ売ってみた(解決編)

オホホ・・・勝ちましたわよ。キツネ面に。
死神を返り討ちにしてやりましたわ。

ウルはLv.26。
サンダルフォンのバルス3発で葬りました。
まずはバルス2発で瀕死に。
あちらが変身して1発めに「お迎え」使って来なかったので、一か八かでバルスしてみたら、パッタリ・・・と。

倒したからといって、なーんにもイイことは無いんですけどー。
タリスマンが赤いうちは、何度でも出るし。
よーするに、自己満足です。ハイ。
とにかく、絶対勝てない敵ではないということは判明シマシタ。
でも、レベル1のフュージョンモンスターしかを持ってない1周目だと、やっぱりキツイかもですね。
ちなみに、サンダルフォンのバルスのダメージは1発で360程度・・・だったと記憶しております。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ 2周め (亜細亜編 その3)

亜細亜編 その3

隠しダンジョン:九龍城砦

入ってすぐの広場で、福引会員・無敵のニー(会員No.10)発見。
お宝は心眼
回転が速くて、タイミングを覚えるのにひと苦労。
かなり手前で押さないと、赤のエリアに止まらないみたいです。懐中時計、効果なし・・・

ここにいる無口な商人は「干支の腕輪」と「十二星座の腕輪」を売ってるんで、買っておくとよいかも。

大した広さは無いものの、ここの雑魚はけっこう手強いです。
(何がイヤって、状態異常がイヤ)
ボスを倒してしまうと敵は出現しなくなるので、ライブラリーのコンプリートを狙っているなら、ボス撃破前に確認を。
私がプレイした時には、No.34の赤鬼が妙に出現率低かったです。

[ 傀儡舞鬼 ]
相変わらずこちらの特技は吸収。
あちらの特技には即死効果付き。
レオナルドベアは必須です。
冥刹皇に変身したウルまで即死するんだから、もう、やってられませんよ。
でも、「即死」さえ防げば、力押しで楽勝。
 
 
ライブラリーのコンプリートを目指すなら・・・
クガイ塔へ行く前に、ライブラリーの確認を。
忘れがちなのは、グレイヴヤードの悪意体4種とピットファイトのオリジナルモンスター。(改良型・かまいたちと試作型・かまいたち)

 悪意体1(水色)
 悪意体2(緑色)
 悪意体3(黄色)
 悪意体4(赤色)
だいたいこの位を目安にしてグレイヴヤードに行くと、全ての悪意体に逢えるはず。

ピットファイトはランダムで出場するモンスターの顔ぶれが変わるので、何度かチャレンジしないと2種類のオリジナルモンスターに逢えない場合もあります。

西園九宮寺へは行くことができるし、モンスターも出ますが、それ以前の場所へは戻れません。
逢いそびれたモンスターは諦めるしかナイ。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ 2周め (亜細亜編 その2)

亜細亜編 その2

上海
船着き場に密航船が泊まっていて、船室には福引会員が潜り込んでます。
鋭いヴァン(会員No.12) 
 赤のお宝は「星のカード」。
 懐中時計を装備したら、1発で成功。
(次の西園九宮寺をクリアして戻ってきた時には、できなくなっていました)

ウルが舞鬼を倒した後、酒場でピットファイトができるようになります。
この時点では、10連勝は難しいかも
 
 
西園九宮寺
祭壇のある部屋の柱の陰に宝箱。中身は福引券

[ 下丹田 ]
ここのボス、血尸の攻撃には沈黙の追加効果があります。
朱震のじっちゃんには、小鈴の腕輪を装備させて挑む。
そろそろ、このへんで火のソウルが溜まるはず。

[ 降宮 ]
ここでは、光のソウルを稼げます。
マリスが溜まるのを気にしなくても良いので、ここでたっぷり稼いでおくと後が楽です。
ここのボス、白姑の攻撃は麻痺の追加効果がついているので、2人には香木の腕輪を装備させる。

[ 泥丸宮 ]
3つ目のマップでは、小法師が2カ所に居ます。
 スタート地点ではない方の小法師に話し掛けると、
 福引会員(No.11)であることが判明。
 赤のお宝は「閃光のバッヂ」
 福引できるのは、ここに居る小法師のみ。
 先に進んでしまうと2度と逢えませんので、ご注意。

ここのボス、青古の攻撃はタイトリングの効果がついているので、少なくともウルには懐中時計を装備させておいた方が楽に戦えます。
 
 
再び上海
アリスの拷問イベントで、全ての質問に対し1番上の答えを選択すると、隠しダンジョン・九龍城砦に行けるようになります。(船着き場のボロ船から)
拷問イベント後、ウル一行がクガイ塔に到着したシーンに繋がっていますが、ここから上海に戻れます。

船着き場に行くと、犬を当てるミニゲームができます。
(べつに、無理してやらなくても・・・)


ここらで、ピットファイトに挑戦。
 モンスターの登場順は、ランダムのようです。
 最悪なのは改良型・かまいたち。
 (試作型・かまいたちってのも居るらしい)
 他は、雑魚です。
 Lv.20のウルで挑戦したら、簡単に10連勝できました。
 リング異常と麻痺に、ちょっとイラっと来ましたが。
 アクセサリーで防がなくとも、
 ウルならナントカしのげます。たぶん。

 10連勝すると、日向大佐がらみのイベントがあり、
 かあちゃんの形見、アンヌのクロスが手に入ります。レアです。
 
 
*備考:キツネ面にケンカ売ってみた!
マリスが真っ赤になると現れるキツネ面。
わざとマリスを溜めまくって、勝負を挑んでみました。
 
 
・・・勝てませんよ。

何回か試したんですけど、毎回、変身後の「お迎え」で999のダメージくらってゲームオーバーです。
「即死」効果じゃないんで、レオナルドベアは無意味だし。

でも、なんとなく勝てそうなんですよねー。

まったく歯が立たないってほどではないんで、こっちの運が良ければ・・・「お迎え」使われないうちにトドメ刺せたら・・・まぁ、運頼みなんですけど。

もう少しレベル上げてから、もう1回チャレンジしてみます。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ 2周め (亜細亜編 その1)

1周目から引き継がれるものは、ウルの入手済みフュージョンモンスターと、ライブラリくらい。
フュージョンモンスター引き継いだところで、SPが足りないから最初っからレベル3モンスターに変身できるわけでもなし。
でも、ライブラリーを引き継ぐと、後でちょっと良いことがあるらしい・・・
 
 
2周目の報告は、取り逃しやすいアイテムや、逢いそびれてしまいがちな福引会員を中心に書き出しておきます。

亜細亜編では、基本的に後戻りはできません。
イベント発生前と発生後で、状況が大きく変化してしまう場合もあります。
綿密な探索とこまめなセーブは必須かと。

だいたいねぇ・・・
このゲームの宝箱って、背景にとけ込んでとっても見づらいうえに、柱の陰やついたての向こう側など、ぜんぜん見えない場所に置いてあったりもするんですよねぇ。
おまけに、宝箱は近付いても「?」が出ないし。
ですので、最初に訪れた場所では、丸ボタン押して調べまくりながら歩き回らないと、取り逃してしまう可能性が大きいです。
イジワルです。


亜細亜編・その1

大陸特急
特に書くべきことは無し
倒れている兵士を調べると、回復アイテムが手に入ることくらい
 
 
平原
水門を開けるのに、何度失敗したかによって中身が変化する宝箱があります
 1発で成功すれば「レザーベルト」
 失敗すると「メディリーフ」
 失敗し続けるとアリスと交代して開けることになり、
 お宝は「福引券」に
 どうせなら、アリスが出てくるまで
 失敗し続けた方がよいかも(ものすごく難しいけど)
 
 
朝陽村
「カネの器」と「たいまつ」のありかは、「迷い込んだ商人」が教えてくれます。

ランダムエンカウントしているうちに、風のソウルを貯めて烈風鬼を手に入れてしまうと、後の展開が楽に。

閻羅王を撃破して村が正常に戻った後、迷い込んだ商人から「蛇のカード」が貰えます。
 
 
奉天
無口な行商人から「歩数計」が貰えます。買うと高いんで、ぜひとも貰っておきたいです。

ビルを愛する男(会員No.15)
 初の福引会員。赤のお宝は翡翠のラリエット。
(この行商人と福引会員は、鉄道会社の爆破後はショップに移動)
 
 
地下水路
水属性のモンスターがたくさん出るので、ここで龍人を入手しておくと、後の攻略が格段に楽に。
チビすけちゃんが出てきた穴を調べると、福引券があります。
 
 
大連
亀探し(到着から日暮れまでの間のみ)
 2回以内で亀を探し当てると、福引券をくれます。
 (それ以降は回復アイテム)
 依頼主に話し掛けて「気が変わった」と答えると、
 回数はリセットされます。
 何度やり直してもペナルティは無いので、
 2回目までに亀が見つからなかったら、
 サッサとやり直した方が良いです。

夜になって亀探しをした柵の中に行くと、朱雀の爪が落ちています(拾えるのは、このタイミングだけ)
 
翌朝になると、様子が一変。
宿屋の地下にあるショップに行って、子供に話し掛けると店の中に入れてくれます。
 宝箱には「フレアブローチ」
 フュージョン時のSP消費を抑えてくれるスグレモノです。
 
魚を干している女性から「干し魚」を貰って海ババに渡すと、宝の隠し場所を教えてくれます。
 (海亀飯店をでて3歩の場所に現金が)

小汚いサモ(会員No.14)at海亀飯店
 赤のお宝は「懐中時計」

前日亀探しをしたところでは、1回300キャッシュで宝探しのミニゲームができます。
 1回だけ「第3の鍵」を掘り当てることができます。
 
 
密航船
操舵室に入れるようになると、運び屋の手下(加藤)が販売員に変貌。
「なにいってんだ?」を選択すると、福引会員(会員No.13)に。
赤のお宝は「鉄ゲタ」。加藤と福引できるのはこのタイミングだけです。かなりレア(?)

ついでに・・・操舵室には福引券も落ちてます。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ 関連記事の一覧

シャドウハーツ(SHADOW HEARTS) 
   プレイ日記のインデックスです
 
 
[プレイ日記]1周目

  ネタバレ要素を含んでおります。
  ご注意のうえ、お読みください。

 1 大陸特急 〜 大連に到着

 2 大連 〜 西園九宮寺

 3 傀骸塔

 4 プラハ 〜 ビストリッツ 〜 蒼き城

 5 再びプラハ 〜 ブルウィッチ6番街 〜 孤児院

 6 カリオス精神病院 〜 ネメトン修道院

 7 ネアメート(前編)

 8 ネアメート(後編)
 
 
[プレイ日記]2周目

こちらでは、取り逃しやすいアイテムや、逢いそびれてしまいがちな福引会員を中心に書き出しておきます。
ただし、購入可能なアイテムに関しては、かなり省略しております。
その代わりと言ってはなんですが、見逃したくないサブイベント等についてはキッチリ報告しているはずです・・・たぶん。

 亜細亜編 大陸特急〜密航船

 亜細亜編 上海〜西園九宮寺〜上海

 亜細亜編 九龍城砦

 亜細亜編 傀骸塔

 欧州編  プラハ〜ビストリッツ〜蒼き城

 欧州編  ルアン〜孤児院〜カリオス精神病院

 欧州編  ネメトン修道院 & 四仮面の呪い

 欧州編  サブイベント part1
  ルアン、ロンドン 他

 欧州編  サブイベント part2
  人形の館、石窟寺院 他

 欧州編  サブイベント part3
  古代遺跡、エンディング分岐 他

 欧州編  サブイベント part4
  天凱凰入手条件 他

 ライブラリ(亜細亜編)

 ライブラリ(欧州編)
 
 

シャドウハーツ プレイ日記(8)

ネアメート(後編)

メンバーはウル&アリス&キースのままで、さらに進むと・・・
うぁ、アルバートだ。
ひえっ!もしかして、ラスボスですかっ!?
こ、心の準備ができてませんよっ!

うわぁぁぁーーーっ!

全滅しました。
だって、ウルが変身できなかったんだもん。
1発目の聖櫃でSP削られて・・・

ウィルパワー、1個しか持ってないよ。
どぉしよ。買いに行くの、ヤダよ。
・・・このままで行っちゃる!
回復アイテム各種は、かなり余ってるから何とかなるだろう。なるはずだ。たぶん。

って、何回か頑張ったんですけどぉ・・・
どうにかメシアは倒せても、その後の超神にボッコボコにされてゲームオーバー。
ぜんぜん歯が立たないでっす!
 
 
というわけで、作戦チェンジ。
またネアメートから脱出して、お買い物。
いらない装備品は全て売り払い、ウィルパワーを人数分と、回復アイテムを大量に買い込む。(特に、MP回復薬と〜〜の護符)

メンバーはウル&アリス&ハリーに変更しました。
キースは攻撃力が高いし、HPもSPも高いからいいかなーと思ったんだけど、どうもイマイチ役立たずだったのよねぇ。
そこで、ハリーを指名。
リヴァイヴァを覚えていたのが決め手です。

まずは、全員がウィルパワー装備。
ステータス異常対策として、ロザリオはウルとアリス。
ハリーは十二星座の腕輪と干支の腕輪で我慢してもらう。

ちなみに、3人のレベルは・・・
ウル LV.50 / アリス LV.41 / ハリー LV.43

さらに、スコアはこんな感じ・・・
 バトル回数   284回 (やっと騎士になれた)
 リング成功率  87.70%
 パーフェクト率 7.91%
 歩行距離    388.590Km 京都あたり
 ランク     30位 バギー級 (下がってやんの)

ンでは、行ってみまーす。
 
 
VS メシア
ウルはアモンに変身。ひたすら悪魔光線。
回復はアリスのアーク。
ハリーは基本的にサポート。ウル&アリスのMPとかSPの回復しつつ、時々、超能力使ってみたり。
3人とも、気絶状態からHP回復できる技を持ってるから安心だよ〜。
このメンツで戦ったら、楽勝でした。


VS 超神
メンバーは、もちろんそのまま。

ウルは、やっぱりアモンに変身。
余裕のあるうちにSP全回復しておいて・・・と。
これで、当分安心。
その後は、やっぱり悪魔光線。(いい加減、見飽きたよ)

ぐぁぁぁ、もう、MPダメージ、最悪っ!
ハリーはMPがゼロになったら、もう、放っておきました。
このコはアイテム投げるだけ。
なりふり構わず、貴重なアイテムをバンバン使ってしまいましたよ。
とにかく、アリスのMPとSPは最優先で回復せねば!
ウルは悪魔光線したいんだけど、ピンチな時にはアイテム使って各種回復行動もしなけりゃ間に合わず、ちっとも攻撃できないのよぅ。

めちゃめちゃ粘って・・・ようやく神様がガックンガックンし始めたわー。
そこからが、また、長かったんだけど。

けっきょく、メシア戦突入から、1時間近く戦ってましたー!
・・・疲れたよぅ。

めでたく(めでたくないんだけど・・・)エンディング。

なんか、あんまり、感動しなかったなー。
でも、ゲーム的にはすごく面白かったから、もう1周しまっす。
今回はかなりすっ飛ばしてしまったので、次は重箱の隅をつつくように、キッチリもれなく遊び倒すわよー。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ プレイ日記(7)

ネアメート(前編)

ベーコンの家に行くと、もうちょっと調整に時間がかかるから寝て待ってろ!とのこと。
すると・・・アリスがグレイヴヤードへ。
アートマン、怖いよう。負けちゃったよう。
あぁ、なんか、マズいことになってません?

ベーコンを走らせて、瞬間転移装置を起動。

入ってすぐに2:4にパーティ分断。
これって、ランダムなのか?
4回やって、4回とも違う組み合わせでした。
そうです。
この後のソウルブロックに、4回も全滅くらったんですぅ。

ウル&ハリー&朱震のじっちゃんというメンバーで挑んだのがいけなかったのか。
毎回、バルスと衝撃波の全体攻撃でコロコロ倒されてました。

今さらレベル上げに走り回るのも面倒くさいので、無い知恵を絞って作戦を練る。
ハリーとじっちゃんには「レオナルドベア」を装備。
ウルは変身しちゃえば大丈夫そうだったんで、無し。その分他のアクセサリーを装備して、MPをかさ上げしたり、防御力アップしたり。

ウルは、すぐにツェルノボーグに変身。
黙示録で攻めつつ、精神汚染でMPをガンガンいただいちゃいました。
その間に倒れたキャラは、放ったらかし。
敵のMPが底をつき、物理攻撃しかして来なくなるまで、ウルひとりで頑張る。
相手の物理攻撃力はハンパでないけど、しょせんは単体攻撃。
スキを見てハリーを復活させ、落ち着いてきたところでじっちゃんを復活。
その後は、ウルはとにかく黙示録。
ハリーを回復に専念させ、じっちゃんはサポート。
SPやMPが切れないように、じっちゃんはアイテムを投げまくり、余裕があれば冥府魔導鳴で攻撃参加。

こんな感じで戦ったら、最後の方はけっこう余裕でした。

ソウルブロックを倒すと、各種ポイントが出現。
回復ポイントは・・・無いのかぁ。がっくし。

アイテムをかなり消費してしまったため、いったん、脱出。
 
 
再突入。
ハリーを外して、ウル&アリス&じっちゃんというメンバーに変更。
第1階層に出るマインドアサルト使ってくる敵が、大嫌いですっ!!!
いいかげんイヤになって、戦わずしてサッサと逃げちゃいました。
もう、スコアなんて気にしちゃいませんからっ。

第2階層に入り、宝箱を回収しつつ進んで行くと、またボス?

見た目、いかにも「闇」っぽかったんで、ウルはサンダルフォンに変身。
状態異常が厳しかったけど、さほど苦労せず。
1回で突破。
ボス戦前にアリスちゃんがアークを覚えてくれてて、助かったぁ。

でも、ボスを倒すごとにアリスちゃんが・・・
なんだか、ヤヴァいことになってます。怖いよぅ。
 
 
第3階層で、迷う、迷う。
何度も同じ所をグルグルと回り、戻りたくても戻れず・・・ボロボロになって泣いてました。
(メンバーはウル&アリス&キース)
ボロボロになりついでに、アモンの3つめの技「これで終わりだ!」を習得。

ようやくボスの所に辿り着く。

・・・えー、楽勝でした。
(最初のソウルブロックが一番キツかったかも)
敵の属性が分からなかったので、ウルはアモンで。
他の2人は、かなりテキトーに戦ってました。

各種ポイントが出現。
アリスがますますマズいことになってます。

そして、ついに「あの世の常連客」になってしまいましたー!
・・・ヤダよ、そんな常連客。

後編に続く・・・
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ プレイ日記(6)

カリオス精神病院 〜  ネメトン修道院

カリオス精神病院は、特に苦労すること無く、アッサリと通過。

オルガ撃破後、アジトに強制送還。

一連のイベントの後、ウェールズに向けて出発。
メンバーはウル&アリスが固定。残る1人は、ここでもさんざん迷ったあげく、やっぱりキース。
 
 
ネメトン修道院跡地へ入ると、まず目に入るのは変な建物。
これを見て「宇宙人の家」と称するウルも変だけど、
「変形とか合体とかするかも!」って言っちゃうアリスもどうかと思うよ。
そして、「ヤシの木が倒れて・・・」って言われて、
「ああ、あれのことね!」って分かっちゃうアタシも・・・
何見て育ったんだか・・・

アリスには「無視して先に進もう」って言われたけど、気になったから入ってみました。
だって、鍵かかってなかったしー。
家の主はお留守のようで、別に何も起こらず。
光の碑石を拾っただけ。
 
 
今度こそ、ネメトン修道院跡地へ。
「怪しい生き物」が出てきて、ひとしきり笑わしてくれました。

変形もしくは合体(何と?)する恐れのある、宇宙人の家に戻る。
この怪しい生き物が、本物のロジャー・ベーコン・・・
で、アルバートの素性が明らかに。
よーするに、アルバートはフォースの暗黒面に落ちた・・・ごめんなさい。ちょっと、言ってみたかっただけ。
 
 
ベーコンが扉を開いてくれて、ようやくネメトン修道院に入れます。
ここで、グレイヴヤードへ。
闇と土が満タンになっていたので、ツェルノボーグとロボを入手しました。

レベル3のフュージョンモンスターはソウルを満タンにするだけではダメで、「〜〜の碑石」を持ってないとアカン!ちゅうことらしいです。
持ってるのは、闇と光と土の3個だけ・・・
土の碑石はビストリッツのニーナから貰いました。

ベーコンに何度も回復してもらいつつ、行ったり来たりして、宝箱を全部開ける。
光のレベル3フュージョンモンスター、サンダルフォンもゲット。

でも、せっかく入手したレベル3の人たちって、3つめの技が「????」になってて使えないんですけどー。
「ヘルプ」を見たら「理性がどうのこうの・・・」って???
暴走せい!っちゅうことですか?
試しにわざとウルを暴走させてみたら・・・「素」ではダメなんですねー。
変身したうえで「暴走」しないと。
ああ、怖っ!
ウルに小徳利を装備して、かなり慎重に状況を見極めて、フュージョンしたウルに暴走させてみると・・・
おっし、3つ目の技を習得したぞ!

ベーコンが回復してくれるのをいいことに、入手済みの3体の技を全て習得。
ってか、残る3体のレベル3モンスターは?
他の碑石はどこさっ???
それに、「火」のソウルだけ、ぜんぜん溜まってないしー。

もぉ、先に進みたくてしょーがないから、このまま突っ走っちゃおう。
どうせ、他にもあっちこっちでいっぱいやり残してるだろうから、いいです。2周目の楽しみに取っておきます。

ってことで、ボス戦。
ウルは、もちろんサンダルフォンに変身して・・・っと。
ふぇ〜、いきなりSPダウンされたぁ。
そんなこと知らないから、誰もウィルパワーなんて装備してないものっ!
キースは、まぁ、放っておいてもしばらくは大丈夫だから、ウルとアリスだけアイテムでSP回復。
もぉぉぉ〜〜〜っ!
アリスがコロコロ、コロコロと倒されまくってンですけどっ!
気絶回数、1人で稼いでくれてっ!
途中で面倒くさくなって、アリスはずーっと寝たままにしていたら、今度はキースがぁぁぁっ!
やむを得ず、ウルに回復させる・・・こ、これでは攻撃している暇が無いじゃないか。
仕方なくアリスを叩き起こし、せめて回復させて・・・うぁー、またひっくり返ったーっ!
・・・って、そんな感じ。

アイテムをバカバカと消費しまくって、どうにか倒しましたよ。
ウルがサンダルフォン持ってて、助かったぁ。
・・・アモンの魂を入手したみたいです。
 
 
ネメアが浮上するムービーを見た後、ベーコン宅に強制送還。

「俺、アリンコだったのかぁ・・・」って落ち込むウル・・・かわいい。
世界が破滅するかもしれないっていう非常事態にも関わらず、「笑い」を忘れないこの人たち(というか、ウル)って、いったいどういう神経してんのか?
まさか、ピザの宅配用に作った機械で神様にケンカ売りに行くことになるとは・・・

ウルが「アジトに帰る」って言うんで、素直にアジトに帰る。
ウルとクーデルカが対面を果たし・・・もしかして、クライマックスですかっ???
まだ、プレイ時間20時間ですよ?
 
 
ネメトン修道院跡クリア時点でのスコアはこんな感じ。
 バトル回数   237回 まだ騎士見習い
 リング成功率  87.5%
 パーフェクト率 7.82%
 歩行距離    327.075Km 名古屋あたり
 ランク     28位 オインゴ級

最近、「暴走」は(わざとやったのは除いて)してませんが、お花畑が見えるくらい「気絶」してます。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ プレイ日記(5)

再びプラハ 〜 ブルウィッチ六番街 〜 孤児院

梅元と感動の(?)再会を果たし、さっそくハリ打ってもらうウル君。
そして、女子トイレでひと悶着。

マルガリータの伝言に従いルアンにへ向かう前に、ビストリッツでお買い物して、蒼き城へも足をのばす。
あの、光ってたのが気になるからねー。

闇の碑石・・・だって。なんだろ、これ?

各エレメントがピカピカ光ってるんで、グレイヴヤードに行ってみたら、レベル2のフュージョンモンスターと勝負できるようになってました。
イカロス、マッドブル、ドラグナー、バルド、カロンの5体をゲット。
火のモンスターだけ満タンになってなかったので、おあずけ。
 
 
ルアンに到着。
えー、またグレイヴヤードです。
タリスマンの色が変わらないなーと思っていたら・・・
あら、まぁ・・・そういうことだったの。
呪われてるのはウルじゃなくって、アリスになったのね。
 
 
無事にマルガリータお姉様とも合流し、教会へ。
オルガ登場。
メンバーはウル&キース&アリス。
バルドに変身したウルと、アリスのブレスでガンガン攻める。
キースは鼻歌気分で吸血・・・
楽勝。

オルガ戦後、福引会員が出現。
倍速カウンター、ゲット!

ロンドンへ移動。
ブルウィッチ六番街に入ったところで、太陽のカードを購入。
ここにも、福引会員。座り込んでる酔っぱらい。
司祭のピアス、ゲット!

おばさん呼ばわりされたあげく、財布まで盗まれて、マルガリータお姉様の逆鱗カウンターがレッドゾーンに。
そして、ガキどものアジトに入るのに、四苦八苦・・・
このリング・・・嫌い。
連打って言っても・・・ものすごーく速く連打しないとダメなのね。いわゆる、スクラッチってやつですね。

ようやくアジトに押し入り、財布を奪還。
お詫びのしるしにロザリオもらったー。全ステータス異常無効ですってよ!
 
 
ガキどものリーダー、ハリーをつれて孤児院へ。
シナリオに従い行ったり来たりして、ハリーがパーティイン。
ひさびさにマルガリータを使いたかったので、アリスをパーティから外す。

孤児院に入るなり、戦闘。
ハリーを回復係にして、チャッチャと片付ける。

ダイヤル式の鍵のナンバーのヒントは、テーブルの上の本と肖像画を調べると分かる日付。
Julyって、いつよ?(大笑)
ここでウロチョロしている間に「火」のソウルが満タンになったんで、グレイヴヤードへ。
イフリート、ゲット。

1階中央の部屋に入ると、ボス戦。
しかも連戦だぁ。
ジャック相手に死力を尽くしちゃったわよっ!
MP、3人ともドン底よっ!
ステータス異常もキツいしさぁ。
とりあえず、ウルはロザリオ装備してるから大丈夫なんだけど。
たまたま、ウルがイカロスを持っていたんで、どうにか全滅は免れました。
しかし、アイテムを大量消費・・・マルガリータを連れて来たのは失敗だったかもね。
 
 
ガキどものアジトに強制送還。

「化け物」ですか?
いますよ、このパーティに。
「なんで俺を見る!」って・・・
ウル君、キミとキースは立派に化け物・・・ゴメン。

ウルに話し掛けていた謎の声の主が、ハリーのママだったらしい・・・ってことで、ママ救出のために精神病院に行くことに。
もちろん、ハリーは固定。
誰を連れて行くかさんざん迷った末、残る1人はキースに決定。
化け物トリオだ・・・(化け物言うな)
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ プレイ日記(4)

プラハ 〜 ビストリッツ 〜 蒼き城

アジア編クリア時点でのスコアはこんな感じ。
 バトル回数 141回 騎士見習い
 リング成功率  87%
 パーフェクト率 8.39%
 歩行距離    158.145Km 静岡あたり
 ランク     32位 グーラー級

アリスが「2度と会えなかった」ようなニュアンスのことを言っていたので、ここから先はウルが1人になってスタートするのかと思いきや・・・アリスとじっちゃんだよ。
これまでのバトルはウル1人に頼りっぱなしだったんで、心細いことこの上無し。
どうせすぐに復帰するんだろうけど・・・あぁ、心配だなぁ。クラウドが抜けたときと同じくらい心配だ。

だいたいさ、じいちゃんと娘っ子の2人パーティじゃ気合いが入らないっての。
テンション、氷点下だよ。
早いとこストーリー進めて、ウルを復帰させなくては攻略に支障が出るわっ!

・・・ってことで、
プラハでスッタモンダの後、ビストリッツへ移動。

ちょっくらお城に偵察に・・・行こうとしたら、その手前でゲームオーバーしました。
もぉ・・・2人してマヒしちゃうんだもん。
状態異常の回復アイテム、持ってなかったんだもん。
なんだかねぇ・・・
初めて行った場所とか、ボス戦1発めとかで、ステータス異常でにっちもさっちもいかなくなってゲームオーバーってパターンが続出してます。
回復アイテムを、ちゃんと用意しておかない自分が悪いんだけどさー。
持ち金にそんなに余裕があるわけじゃないしー。
ブツブツ・・・と、文句をたれる。

アクセサリをバッチリ装備して、再突入いたしました。

ぐだぐだになりながら、お城を探索。
この2人じゃ、どう考えても戦力不足だよーっ。
どうにか辿り着いたお部屋で、ヒマな吸血鬼(笑)が、パーティイン。
うふん、これで少しは華が・・・
テンション、若干上昇す。

ヒマな吸血鬼(またの名を領主様)を連れてビストリッツへ戻る。
領主様がお強いんで、バトルがいきなり楽になったとです。

さぁ、最初っからあからさまに怪しかった村長に、お仕置きですよ。
攻撃は領主様にお任せして、じっちゃんが回復。
アリスちゃんは余裕があったらブレスで攻撃。
ぜったいに暴走しないように、SP回復薬はたっぷり用意してあるもんね。

無事にお仕置きが済んで、一件落着・・・じゃないよねー。
お城の方に飛んでった「大きな翼のある人」って、アイツよねー。

そしたら、キースに相談を持ちかけられちゃいましたよ。

吸血鬼に悪魔払いを依頼されるとは、

お釈迦様でも思いつくまい。

もちろん、引き受けますとも。

3人でお城に戻って、せっせと階段を上っていって・・・
きゃ〜、ウル〜〜〜。逢いたかったよぅ!

なんだか、イっちゃってるわけね・・・
「ぐげ・・・」とか言ったら、どうしようかと思ったさ。
で、そのウルとバトル。
うぇ〜ん、強いよぅ。速いよぅ。怖いよぅ。
「お迎え」って、即死効果ついてたのねーっ!知らなかったわよっ!

じっちゃんは、ここでも回復仙人・・・じゃなくて専任。
アリスとじっちゃんが暴走しないように、常に気を配る。
キースは吸血鬼だけあって、滅多なことでは暴走しなそうですね。
吸血鬼のくせに「恐怖のあまり暴走」・・・なんて、情けないもんねぇ。
長期戦になりそうなボス戦のときは、ぜひともパーティに入れておきたいメンバーだわ。

ウルを倒すと、アリスがグレイヴヤードに迷い込む。

う〜んと・・・クガイ塔で、ウルは天凱凰とフュージョンしてコントロールしようとしたんだけど、逆に天凱凰の方に取り込まれちゃってたわけね。
で、自分が完全に消えて化け物になっちゃうのが怖くって、隠れてたんだ。

キツネ面とウル、サシで勝負。
たまたま天邪鬼を装備してたんで、破魔矢を連発!

己の弱い心に打ち勝って、ウルが現世に舞い戻ってきましたー。

キースも観光気分で正式加入。

私のテンション急上昇。
やっぱし、パーティにはイイ男が居ないとねっ。オホホ。

ところで、ウルが閉じこもっていた部屋で、なんか光ってたんですけどー?
気になるけど・・・
アイテムもだいぶ使っちゃったし、とりあえず、プラハに戻るか。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ プレイ日記(3)

クガイ塔

まずは、上海の街をウロチョロしてイベントをこなす。
なんだかさぁ、ウルが「アリスを守るって決めたんだっっっ!」とか怒鳴ってるけど、何時の間にそんな仲になったんかなぁ?
スコールが「リノア、リノア」言い出した時と同じくらい、置いてきぼり感くらってんですけど・・・まぁ、いいか。

ピットファイトは寺に行く前にちょこっと試したら、4戦目あたりでヘロヘロになったんで、やめました。
今回も見送り。
いいです。サブイベント関係は2周め以降で遊ぶことにします。
(すでに2周する気満々)

鍵も拾ったし、川島さんに借りは返したし、じゃ、行きますか。
 
 
クガイ塔に到着。
扉を開けたとたんに出てきたボスを、ちょいちょいっと蹴散らし、内部へ侵入。

あとは、絵馬を持って行ったり来たり・・・
複雑な仕掛けではないから、楽勝。
でも、四神(朱雀・白虎・青龍・玄武)を知らないと困っちゃったりするのかな?
知らなくても、絵馬を調べればすぐに分かるはず。

あっという間にアリスのもとに辿り着き、タヌキと徳壊のじーさんをサラッと撃退。
アリス、復帰。
さっそく、マルガリータ外してパーティーイン。

どこへ行っていいんだか分からなくって、ウロチョロしていたら福引会員発見!
パーティ編成してくれる日本兵(名前忘れた)です。
魔術師のピアス、ゲット。

ついでに、アイテム補充。

ようやく最上階への階段を見つけて、変身した徳壊に戦いを挑んだら・・・
善戦空しく敗退。
みんなで仲良く沈黙しちゃうし、石化しちゃうし・・・
もぉ、言ってよーーーっ!
特技の使えないじっちゃんとアリスは、まったくの役立たずなんだってばっ!

鏡の腕輪を3つ購入して、仕切り直し。
もちろん、朱震とアリスには小鈴の腕輪も装備。

えー、けっきょく、ウルが1人で戦い抜きました。
えらい長期戦になってしまいましてねー。
アリスとじっちゃんが暴走してしまいましてねー。
でも、ウルが暴走しちゃったら、もぉ、目も当てられないんで最優先でウルのSP回復してたのー。
SP回復薬、あんまり用意してなかったから、ぜんぜん足りそうもなくってねー。
しょーがないから、アリスとじっちゃんには死んでいただきましたのー。(酷っ!)

徳壊が最後の力を振り絞って、変なのを召喚しちゃいましたねぇ。
で、その変なのとウルが融合しちゃったみたいよ。

うぉーい、ウルの顔、変わってるぞー!
なんで、そんなシモブクレなんだーーーっ!
そんなブサイクなウル、見たくねーぞっ!!!
ったら、「2度と姿を現しませんでした・・・」って、アリスが言ってるし。
どーなってんだよ、オイっ!コラっ!!!
返せ、戻せ、アタシのウルっ!

・・・執筆者、暴走中のため、強制終了いたします。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

シャドウハーツ プレイ日記(2)

大連 〜 西園九宮寺

アリスが呪いでひっくり返っちゃったところへ、朱震のじっちゃんが到着。
パーティイン。
何も考えずに閻羅王・比叡に勝負を挑んだら、サッサと全滅しました。
祝!初・ゲームオーバー・・・
だってさー、全体攻撃のダメージがきっついんだもん。

ウルを烈風鬼に変身させて戦ったら、どうにか勝てました。
 
 
で、正体バレバレの川島さんの船に乗って上海へ向かう。
イベントをキッチリこなして、上海に到着。
この辺、イベントばっかし・・・ちょっと、退屈してきたなー。

お買い物して準備を整えたら、西園九宮寺にむけて出発。

ニャゴニャゴ、にゃーーーっ!
アイテム使えなかったり、特技が使えなかったり、両方使えなかったり・・・勘弁してくださぁい!
アリスと朱震のじっちゃんが、まるっきり使い物になりませんよっ!!!

宝箱がいっぱい有るのは嬉しいんだけど、すーぐに迷子になっちゃうしさ。
下丹田はサクッと突破できたけど、降宮は、もぉ、大変なことになってました。
迷子になってさんざんグルグルしたあげく、ボス戦で全滅するわ・・・
(マルガリータが麻痺しちゃったもんで、どうにもなりませんでした)
二人とも香木の腕輪をばっちり装備して、アイテムを湯水のごとく消費しつつ、どうにか突破。
直前にセーブポイントがあって良かったわぁ。
とっても親切設計。

再びウル&じっちゃんチームにチェンジしたところで、グレイヴヤードへ。
炎鬼と天邪鬼をゲットしておきました。

泥丸宮で、またグルグル・・・
あ、でも、小法師が福引会員であることが判明。「閃光のバッヂ」をぶんどっておきました。
ここのボスはひたすらぶっ叩いて(ってか、そうするしかない)撃破。
泥丸宮で迷子になっている間に、マリスが溜まりまくって泣きそうになってたんですけど・・・どうにかキツネ面が来る前にセーブポイントに辿り着けました。
セーブポイントが近くに無いダンジョンとかだと、怖いですねぇ・・・ヒヤヒヤしました。
 
 
イベントの後、閻羅王・狂舞と激突。

・・・さっくり全滅。

即死化攻撃でアッサリと葬られました。
(護符関係、あんまり持ってなかったのよー)
全員にレオナルドベアを装備したいところだけど、2個しか無いのねー。
ウルに倒れられたら勝ち目は無いし、じっちゃんの回復量も頼もしいから、マルガリータだけレオナルドベア無し。ゴメンよぉ。
じっちゃんの物理攻撃はクソの役にも立たないから回復担当ってことで、ウルとマルガリータでひたすらぶっ叩く。
レオナルドベアを装備したら、普通に勝てました。
マルガリータはコロコロひっくり返ってたけどねー。
 
 
勝手に上海に移動。
隣の部屋に行くと何かが起こりそうなので、今日はここまで。
隣には行かずにロビーへ降りてセーブして終了〜。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

「姑獲鳥の夏」 京極夏彦 著

 大戦の爪痕残る昭和初期
 密室トリック
 20ヶ月も身ごもったままの妊婦
 産院から相次いで消える嬰児
 いわく付きの旧家
 まとわりつく妖怪譚、怪異譚
 この世のものとは思えない美女 
 エキセントリックな探偵

横溝正史的世界の構成要素を「これでもか!」ってくらいに満たしております。

死体がゴロゴロ転がってないあたりは、犬神家よりマトモなんだけど、それ以上にブッ飛んじゃってるんですよねー。

いや、もう、ハチャメチャですから。このお話し。
ここまでグチャグチャなのって、アリですか???

だいたい登場人物が、ことごとく変人なんだもんな。
(マトモなのって、京極堂の妹くらいか?)
よりによって、一番マトモでなきゃいけないはずの語り手が・・・
関口!オマエだっ!
この男のおかげで、このストーリーは成り立っているようなもの。
関口さえ居なければ、この話しは半分くらいのとこで終わってるんだから。
まぁ、それこそが、この話しのキモなんでしょうが。

それとね・・・

京極堂、ウンチク垂れすぎ。

この分厚い文庫本の半分は、京極堂のウンチクなんじゃぁあるまいか。
映画では、どうなってるんでしょうねぇ。
活字を追ってるから、どうにかついていけてるけど、セリフでだーっとまくしたてられたら・・・観てる方は眠くなってしまうでしょ、たぶん。
かといって、端折っちゃったらワケ分からなくなりそうだし。
物語の根底にある思想というか、知識というか・・・そういうものを、この人が1人で喋ってしまっているんで、この「京極堂のウンチク」をきちんと理解していないと、このストーリー自体も理解できないでしょう。
京極堂は作者の分身・・・なのかな。(名前からしても・・・)
そういや、「巷説百物語」でも誰かが同じようなこと喋ってたナ。

概ね、面白かったです。(ウンチクも含めて)
途中で真犯人が分かっちゃったり、カラクリの一部が見えちゃったりしましたケドぉ・・・
関口の狼狽えっぷりが、不安感を否応無く盛り上げてくれてますから、終幕に至るまで「飽きる」ということはありませんでした。

そして、京極堂の謎解きシーンは圧巻です。

映画でのキャスティングを知っていたんで、京極堂があの顔で、滔々と語る様子がまざまざと浮かんじゃいましたよ。
どのキャラも、イメージを大きく外しては居ないかな。
古くからの京極堂ファンには一家言あるでしょうが。
映画はDVDになった頃、観るかもしれないです。
(映画館まで行く気には、ちょっとなれない)
でも、京極堂のキャラにはすっかり惚れ込んでしまったので、他のを読んでみたくなりましたよ。
他でも、あの調子で喋りまくってるんだろうか?

そうなんだろうな、きっと。

・・・辞書並みに分厚い本の半分くらいが京極堂のウンチク?
・・・うへぇ。
 
 
 
 その他の読書感想文はこちらからどうぞ
 

シャドウハーツ プレイ日記(1)

大陸特急 〜 大連に到着したところ

それにしても、こんなにオドロオドロしい内容だったとは。
まぁ、タイトルに「シャドウ」ってついてて、「暴力、出血、ホラー云々」ってパッケージに書いてある時点で、予想がつきそうなモンですが。
もうちょっと、ファンタジーなのを想像してたんですよね。
だから、朝陽村で人食いがどうのこうの言い出した時には、バルダーズゲートの二の舞になるかと思いましたよ。(バルダーズも、指輪物語的ファンタジーかと思って買っちゃったんですよねー)
まぁ、この程度ならぜんぜん平気な私ですので、なんの問題も無いですが。
主人公のアホキャラが際立ってますしー。
いえ、いえ、バカにしてんじゃないですよ。
こういうノリのキャラクターは大好きです。

そのあたりは問題無いんですが・・・
問題なのが、アリスちゃん。
この人、ボス戦のたびに暴走するか、気絶してるかのどちらかでして。
RPGのヒロインって、どうして、こういうタイプばっかりなんでしょ?
(イベント的にも気絶しすぎ。キャーキャー言いすぎ)
男性プレイヤーの趣味嗜好がそっち方面に偏ってんのかしらッ?

モンスターが妙に汚いのも、ちょっと気になってます。
禍々しい雰囲気出そうとしてるのかもしれないけど、汚すぎ。
ウルも変身すると汚くってさー。あんまり、変身させたくないのよねー。
グレードアップすると、もうちょっと格好良くなるのかな?
なったらいいんですけどー。(あんまり期待しないでおこう)

名前は、全員デフォルトのままでやってます。
が、さすらいの梅元が出て来た時に「コイツだけはぜったい假屋崎にしよう!」と思ったのに、この人は変更できませんでしたねー。残念。(でも、心の中では假屋崎と呼んでます)

買い物するのにも、キーアイテム拾うのにも、いちいち出てくるジャッジメントリング・・・ぼーっとしてる暇を与えてくれません。
何するのにも、いちいち構えちゃいますね。
だから、出ないと拍子抜けしちゃったりして。

グレイヴヤードには、マメに通ってます。
小心者ゆえ、マリスが溜まって真っ赤っかになるのが怖くってねぇ。
よって、まだ、キツネ面は出て来てません。
どんな感じで出て来るのか気にはなるので、そのうち、わざと満タンにして出て来てもらおうと思ってます。
もちろん、準備万端整えて、ね。

朝陽村をクリア後に「烈風鬼」を、地下水道クリア後に「龍人」をゲットしておきました。
このへんは、順調。
次のエリアに行くと、出現するモンスターの属性が変わってしまうようなので、あと少しで満タンになりそうなら、しばらく無駄に戦ってフュージョンモンスターをゲットしてから次に移った方が効率いいかもです。

大連到着時点でのランクは「57位 仙狸級」。
歩行距離は・・・横浜あたり。
ジャッジメントリングの成功率は85%くらい。
パーフェクトは5%足らず・・・(しかも、ぜんぶアイテム使った時なのだっ!)

先は長いぞ・・・頑張るぞ。

 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ」プレイ日記の目次
 

「続巷説百物語」  京極夏彦 著

うぁ~、泣いちゃいましたよー。
最後のところで、ボロボロっと・・・
この本で泣くとは夢にも思わなかったですよゥ。
っていうか、これで泣いちゃうのなんて私ぐらいですか?
ええ、百歩譲っても感動巨編じゃありませんから。


物語の舞台は江戸末期。
泰平の世であり、かろうじて妖怪の居場所が残されていた時代でもあります。

表立って裁くことのできない悪行を、金で請け負い闇に葬る、小悪党・又市一味。

小悪党と言っても、むやみと人死にを出すこともなく、その余波で誰かが迷惑をこうむる訳でもなく、全てを妖怪の仕業として、万事丸くおさめてしまうんですな。
その「仕掛け」は実に巧妙。
途中で「今回のターゲットはコイツだな?」って分かってしまうのだけど、それでも、からくりが明かされるくだりは、ワクワクしながら読んでしまいます。
 
 
短編集の体裁は取っているものの、これは全部繋がった1つの物語なんであります。
ここまで複雑に絡み合った因縁話しがあるものかい!と言いたいところだけど、それは、それ。

文庫本にはあり得ない分厚さの中に、おぎんさんの生い立ちやら、平家の落人の末裔やら、フラフラと頼りない百介の葛藤やら・・・妖怪まで担ぎ出されて、てんこ盛りのえらい騒ぎです。

それなのに、長さをちっとも感じさせないばかりか、どれもこれもキッチリとケリをつけての鮮やかなる幕引き。
お見事であります。


シリーズ前作「巷説百物語」では、あくまでも傍観者的立場だった百介が、今作では大活躍。
探偵役でもあり、語り手でもあり、(そうとは知らずに)仕掛けの片棒担ぎをしたり、死にそうな目にあったり、と、大変忙しそうです。

物語は完全に百介の視点で語られていくため、裏で仕掛ける又市はさらに深い闇の中へと身を潜めています。
影はちらつかせるものの、最後の種明かしになるまでちっとも姿を現しやしません。(でも、妙に存在感があって、格好いいんだよねー、又さんって・・・)
 
 
大店の若隠居でもある百介は、世の中の「表」に居ながらにして「裏」の世界に半分足を突っ込んだ、どっちつかずの立場から事の顛末を見届けることになります。

彼のポジションは、この物語でとても重要な意味を持っているんですね。

「表」と「裏」
この関係が、この物語には何組も登場します。

まっとうな「表」の世界で生きる百介と、「裏」の社会の住人である又市とその仲間。
表向きには妖怪の仕業とみせかけておいて、その実、裏に潜むは人間の浅ましさ、愚かさ、醜さ・・・等々。
(他にもたくさんあるけれど、ネタバレの恐れがあるから、省略)

この「表」と「裏」の間には埋まることの無い深い溝があり、本来、触れ合うべきものではありません。
「表」と「裏」の両方を見るという特権を与えられた百介は、極めて稀な境遇に置かれていることになります。
百介もそれは自覚していて、中途半端な自分にイラついたりもしています。(語り部としては最高の座席を確保してるんだけどね・・・)

はたして百介は「表」と「裏」、どちらに腰を据えるのか。
一連の「仕掛け」と共に、それが今作の主軸となっております。
 
 
舞台設定が「江戸時代」なため、少々古めかしい言い回しが用いられています。
そこのところに拒絶反応を起こさなければ、非常に楽しめること請け合いであります。
タイトルから連想しがちな、ホラー的な「怖さ」はありません。
が、それ以上の「怖さ」があるんです。
「さぁ、泣いてください!」と言わんばかりのメロドラマ以上の「悲しみ」(というより、「哀しみ」か)が、根底に流れています。
謎解きや冒険譚としてのドキドキ感もあったりします。
シリーズ前作「巷説百物語」と併せて読めば楽しさ倍増。
オススメですよゥ。
 
 
 
 その他の読書感想文はこちらからどうぞ
 

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

その他のハード

ちょっと気になる