« ラジアータ2周め報告(3) | トップページ | グリーンゴブリン »

Mの悲劇 chapter 8

怖ぇえ~~~、久保、怖ぇえ~~~っ!
いや~、下手なホラーよりずっと怖かったですよ、今日の「Mの悲劇」は。

一番怖いのは、生きてる人間だったってか・・・

ようやく、誰が敵で誰が味方なのか、ハッキリしてきたようですね。

諸悪の根源(と思われる)久保も、単に衛の地位が欲しかったというだけでなく、もっと深~い恨みがあるような雰囲気。
20年前に、何があったんでしょ?
例によって、衛さんは覚えてないんでしょうね。

それに、美沙と島谷専務の関係って???

ストーリーは面白くなってきたんですが、このシナリオ、「偶然街角でバッタリ」が多過ぎです。
ふつう、待ち合わせでもしてない限り、そんなに知人にバッタリ会ったりしませんって。
いくら、因縁のある場所だとしてもさ。
お母さんが、もう退院しちゃったのにも、ビックリしました。
ついこの前、大手術して危なかったんじゃなかったっけ?

まぁ、いいです。
サイコ・サスペンスっぽくなってきて、面白いから。
このドラマ、途中で見るのをやめちゃった人は、損してますねー。
しつこく見てて、良かったです。

« ラジアータ2周め報告(3) | トップページ | グリーンゴブリン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる