« 「うつくしい子ども」 石田衣良 著 | トップページ | バルダーズゲート ダークアライアンス2(レヴュー) »

あずみ

「あずみ2」、3月公開予定なんですね。
そうとは知らずに、ついこのあいだ「あずみ」を見たところでした。

内容的には、ちょっとアレなんですけど・・・
可愛い女の子と可愛い男の子がたくさん出て来て、血もいっぱい出る、若い子向けのチャンバラ映画ってところでしょうか。

「少女にして刺客」という設定は魅力的なので、少々期待していたんですけどねぇ。
心理描写的なものはほとんど見受けられず、ベタな演出もチラホラ。
あずみが女物の着物を着るエピソードあたりは、ベタすぎて恥ずかしかった。

原作は読んでいないのですが、どんな感じなんでしょ?

まぁ、上戸彩ちゃんは可愛いし、剣さばきもナカナカ格好良かったし、ごひいきの小橋くんも出てるし、個人的にはそれだけでけっこう満足だったり。
上戸彩ちゃんを見るための映画なのかなぁ、やっぱり。

とはいうものの・・・
この映画で一番輝いていたのは、オダギリジョー(on 美女丸)だと思うのは、私だけ?

で、あずみ2です。
小橋くんもオダジョーも出ないのはガッカリですが、栗山千明が出ますね。
これは、ポイント高いですよ。
彼女は、まだチャイドル(注:チャイルド+アイドル)と呼ばれていた頃から既に、周囲の雰囲気を一変させてしまうような妖しい魅力を発散させていました。
そのオーラは、最近、少々弱まったような気がしなくもないけれど、今でも女優さんたちの中で異彩を放っている事は間違いないです。
彼女を見るためだけに、映画館に足を運んでも損はないかも。
もちろん、上戸彩ちゃんも応援してますよ。
ガンバレ、栗山千明に負けるなぁ!
   
 
 その他の映画の感想はこちらからどうぞ
 

« 「うつくしい子ども」 石田衣良 著 | トップページ | バルダーズゲート ダークアライアンス2(レヴュー) »

映画の感想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる